子宮筋腫

子宮筋腫とは

子宮の筋層内に発生する良性腫瘍で、30歳以上の女性の20~30%に子宮筋腫が見られます。
近年のライフスタイルの変化により増えているといわれています。
筋腫は周りの正常な筋層を押しのけながら、時間をかけて少しずつ成長していきます(妊娠中も)
閉経後、筋腫は縮小傾向となり、その発症も激減していきますが、閉経後もなお増大するようであれば、悪性(子宮肉腫)の可能性があります。

子宮筋腫はできる場所によって次の3種類に分類されます。

①筋層内筋腫
子宮の筋層と呼ばれる部分に出来るもので、子宮筋腫全体の70%がこの筋層内筋腫です。
大きさ・数は色々とありますが、普通複数個できます。
子宮筋腫のために子宮全体が肥大してくるので、お腹のハリを強く感じるようになります。

②漿膜化筋腫
漿膜化筋腫は、子宮の外側を覆う粘膜の直下に発生して増殖します。
この筋腫は比較的自覚症状が軽く、そのため相当大きくなるまで気づかないこともあります。
できる数は、1~2個から鈴なりに多数できることがあります。

③粘膜化筋腫
粘膜化筋腫は、子宮の内側を覆う粘膜の下にでき、子宮腔内に向けて増殖していきます。
子宮筋腫全体の5~10%が粘膜化筋腫で、最も症状が重く、小さくても激しい症状を示すことがあります。
また、子宮内膜の状態が悪いために不妊症や不育症の原因にもなりやすい子宮筋腫です。



薬剤師青木からのメッセージ

一般には女性ホルモンであるエストロゲンが関係しているといわれています。
近年の食生活の変化でこの女性ホルモンの量も随分と変わってきていると聞いています。
性成熟気が早くなり、それに伴って初潮も早くなり、またその他のホルモン・成長ホルモンの出方なども変わってきているようです。
もともと胴長・短足の日本人スタイルが最近ではすらっとした西洋人のようなスタイルに変わってきたのも、これらホルモンによるところが大きいのです。

子宮筋腫はコブのようなものです。
筋繊維のなかに塊が出来、それがコブのようになってその場所に固定し、自分の免疫力では排除できなくなってしまったものなのです。
普通の方でも手首など皮膚表面に近い所にコブが出来たりします。
自然界でも木にコブが出来るように、よくあることなのです。
しかし子宮筋腫になると出血量が増えたり・貧血が強くなったりするので、いらないものであることには間違いありません。

漢方ではコブにはコブを使います。
例えば松の木に出来たコブのエキスとかで作られたものを使います。
さらにその部分を、潤し・柔らかくして取り除くことを考えて生薬を組み合わせます。

漢方的な病理では、お血・血熱・痰・気滞・陰虚などが混ざり合ったものと私は考えています。

ゆえに一処方だけでは簡単にいきませんが、体質に合わせうまく組み合わせてやるとシャープな効き目が出たことがあります。
詳しくは症例をご覧ください。



■■■漢方参考■■■

●瘀血(おけつ)
 様々な原因で、血液の流れが悪くなった状態。
 一般に抹消で血流の停滞が起こっています。

●陰虚(いんきょ)
 体の潤い、体液・リンパ液(漢方では津液という)などが少なくなった状態
 一般に年齢と共に乾燥してくるのもこのためです。

●気滞血瘀(きたいけつお)
 気の流れが悪くなり、それに伴って血流も悪くなったこと。
 ストレス・緊張・けが・手術・自律神経の問題などで気の流れが悪くなり二 次的 に生じたお血。
 「気は血の師」といい、気の流れが悪くなると血の流れも悪くなります。

●寒凝血瘀(かんぎょうけつお)
 体の中に冷えが凝り固まって(凝集して)血流まで悪くなった状態。
 刺すような痛みを起こします。
 古典に「陰虚積冷結気」とあり、もともと陰虚の体質の人に冷えが積もりに 積も って気の詰まりが起こった、と条文にも出てきます。

●熱鬱血瘀(ねつうつけつお)
 気の流れが詰まりに詰まると熱を帯びてきます。
 イライラを我慢しているといつか噴火するようなものです。
 この熱によってお血を発症したもので、血も熱化してきます。
 頭痛や口の中の苦みが出てきやすくなります。

●湿熱血瘀(しつねつけつお)
 湿邪と熱邪がくっついて湿熱体質を作り、お血を発症した状態。
 血の流れを回復するために、湿と熱を分ける(湿熱分消しつねつぶんしょう )し て流れを戻していきます。

●痰瘀結互(たんおけつご)
 血分といわれる主に血管に、痰といわれる濁った体液の邪が入り込みベタベ タと くっついて血流を悪くしたもの。
 重い慢性病のほとんどがこれです。

●気虚血瘀(ききょけつお)
 体を動かすおおもとの気が疲れなどにより弱り、それに伴って血流が悪くな った もの。
 食欲が落ちたり、息切れが出たりします。

●陽虚血瘀(ようきょけつお)
 気がバテただけでなく身体を温める力まで弱って陽虚(ようきょ)になり、 血の 流れも弱った状態。
 手足の冷え・温かい飲食を好む・寒がりなどの体質になります。

●腎虚血瘀(じんきょけつお)
 腎気不足から腎精が傷み、血流に影響が出たもの。
 腰がダルイ・めまい・のぼせ・耳鳴り・休憩をしたがるなどの症状が出ます 。

漢方薬はこれらの傾いた体質を元のいい状態に引き上げていきます。。
同時に、不妊の原因となる「虚・邪」を除き若々しい体質に戻していきます。
その結果、任脈・血海・胞宮・衝脈の流れがよくなり、妊娠の可能性が飛躍的に向上します。

 

また、妊娠がわかったら、流産防止のスペシャル漢方をみなさん飲まれていい結果が出ています。
妊娠中に飲む漢方もあるのです。
生まれてくる赤ちゃんにアレルギーを遺伝させないための専用の漢方もあります。
産後二人目を望まれる方の為に、肥立ちを良くする漢方もあります。

ぜひ、あなたの体質に合わせた専用の漢方薬で若々しい元気な体を取り戻してください。


 

治療実績【子宮筋腫】

■子宮筋腫            36才 女性