●統合医療生殖学会 副会長のブログ「28都府県 出産一時金不足」をアップしました。

(山陽新聞 2022年9月11日の記事より引用)
●費用 地域差最大20万円
厚生労働省が医療機関での出産にかかる標準的な費用を都道府県別に調べたところ、岡山、広島、香川など約6割に当たる28都府県で、公的医療保険の財源から全国一律で妊産婦に支給される「出産育児一時金」(42万円)を上回っていることが10日、分かった。

続きはコチラ>>

2022年09月11日